自分に合ったライフスタイルで勉強できる|通信制高校で能力を伸ばす

スピードをつけるのが大事

勉強

苦手を得意に

算数は苦手な子と得意な子がはっきり分かれる教科です。中学受験をさせるときは、先を見越しておくことが大切です。小学校から学ぶ教科として、国語と算数は基礎から鍛えておく必要があります。この時期に学習を怠ると、大学受験まで響く事例があるのです。中学受験における算数は、苦手な子だと中学受験レベルはもちろん、標準レベルでも解けない子も少なくありません。そのような場合は、急いでいるからといって、難しい中学受験レベルの問題を解かせても非効率的です。標準レベルの問題が確実に解けるようになってから、中学受験レベルに挑戦させるようにしましょう。得意な子に関しては、とにかく難しい問題に挑戦してみるのもありです。時間があるのであれば中学数学に手を出してみるのも中学受験の算数を攻略するための手段としてオススメです。

スピードが大事

中学受験の算数は単純な計算問題でも計算式が複雑で時間がかかる問題が多いです。そのため、計算を出来るだけ早くできるようにすることが大切です。やはりスピードを身につけるためには数をこなしましょう。中学受験の計算問題に特化した問題集なども、気軽に書店で手に入れられるので挑戦してみましょう。また、スピードが身に付くと計算ミスが目立つようになる子も多いです。この計算ミスを少しでも減らすために、分配法則などを使用して計算式を整理して計算する癖を身につけましょう。また、計算式を整理する癖が身につくと、計算式を簡単なものにできるようになるので、自然と計算のスピードも上がるようになります。